日常に溢れているどんなものにでも わたしたちの手元に届くまでには その、過程=(物語)があります。 「ある」はずなのに どうしても見えづらいモノが 最近では多いような気がしてなりません。   きっと、その物語がみえること・感じられる人が多くなればなるほどに そのモノに繋がるたくさんのことが 大切にされて、長く続いていくのではないのかなと思います。 今後は「森と人の珈琲」の背景がみえる・感 […]